ダウンについているニオイの原因は?クリーニングでこのニオイとれるの?

画像

軽くて暖かいダウン、寒い日本の冬には手放せないアイテムです。

 

ダウンを着てお出かけしているときに、「あれ?何か動物のようなニオイがする?」と感じたことのある人、いるかもしれません。そう、ダウンってものによってですが、ニオイが気になることがあるのです。

 

こちらでは、ダウンのニオイの原因、クリーニングで落とすことができるのかを調べてみました。

 

ダウンのニオイの原因は中の羽毛!?

どんなに素敵なダウンジャケットでも、ニオイが気になるようではいただけませんよね。

 

新品でもダウンから特有のニオイがすることがあります。

 

これは、ダウンの中に入っている羽毛のニオイなのです。羽毛は水鳥から採取されているのはみなさんご存知だと思います。

 

水鳥は自然の中で生きていますから、当然汚れ、雑菌がついています。

 

もちろん、ダウンに加工する前に、この羽毛を洗浄するわけなのですが、この洗浄が不足していると、後で雑菌が繁殖してニオイの原因になってしまうことがあります。

 

また、水鳥の羽毛には水をはじくために油分も付いています。

 

これもダウンのニオイの原因なのです。

 

しかし、この羽毛についた油分を完全に取ってしまうと、ダウン特有のふんわり感、温かさが損なわれてしまうのです。そのために、ダウンは多少なりともニオイがしてしまうのです。

 

ダウンの気になるニオイどうすればいいの?クリーニングで落とすことができるの?

ニオイが自分で感じるだけでなく周りの人も不快に感じるほどですと、困りますよね。

 

冬によくネットなどで見かけるのが、「満員電車の中でダウンのニオイがきつかった」「自分のダウンから濡れた犬のニオイがした」などのコメント。

 

皆さん、ダウンのニオイを敏感に感じ取っているようです。

 

ダウンを着るときは、ダウンがまだ冷たいのでダウンのニオイが気にならないのですが、ダウンを着てしばらくするとダウンが温まってきて、ニオイがきつくなるのです。

 

このニオイの対処法、ご紹介します。

 

ダウンを天日干ししてみる

クリーニングに出す前に、まずこの方法を試してみましょう。

 

天気のいいよく晴れた日に、太陽がよく当たる場所にダウンをかけておきます。

 

できるなら2、3日干しましょう。日光によく当てることで殺菌、脱臭効果が期待できます。強いニオイでなければ、この方法でダウンのニオイが落ちるでしょう。

 

・ダウンを洗浄する

天日干しでダウンのにおいがとれないなら、ダウンの洗浄が必要になってきます。

 

これを自分でやる!という人もいるようですが、洗浄に失敗してしまう、乾燥が不十分で余計臭くなった、なんてことになったら元も子もありません。

 

ここはクリーニング店にお任せしましょう。

 

 

しかし、どのクリーニング店でもダウンのニオイ消しに対応してくれるわけではありません。

 

なぜならこのダウンのニオイ、普通に水洗いするだけでは落ちない可能性があるのです。

 

ダウンの生地には、普通の衣類よりも密度の高い生地が使われています。

 

それは、中の羽毛が飛び出してしまわないため。そのため普通に洗うだけでは、中の羽毛にまで洗浄剤が浸透しないのです。

 

しっかりと手でダウンの空気を抜きながら洗浄剤にじっくりと沈めて洗う、という作業が必要になってくるのです。

 

これをきちんとやってくれるクリーニング店にお任せすれば、ダウンのニオイはかなり解消されます。

 

どこかしっかりとダウンの気になるニオイを取ってくれるように洗ってくれるクリーニング店はないか、と探していたら、ありました!下にHPのリンクを貼っておきます。

 

「おしゃれ工房You友」http://yuuyuu.hamazo.tv/e2235204.html

 

こちらのHPを見ると、ダウンのニオイ取りをかなりしっかりやってくれる、頼もしいクリーニング店であることがわかります!

 

事前にメールか電話で連絡すれば全国宅配OKですので、「どうしてもダウンのニオイが気になる」という人は、是非試してみてください。

 

まとめ

新品のダウンのニオイが気になるときは、中の羽毛の洗浄不足で雑菌が繁殖している、羽毛についている油分が原因のことがあります。

 

ダウンのニオイが気になるなら、まず天日干しを2、3日して、太陽で殺菌、脱臭してみましょう。

 

これでだめなら、ダウンをしっかりと水洗いしてくれるクリーニング店にお願いしてみましょう。中の羽毛をしっかり洗浄することで、ニオイがかなり取れますよ!